読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート→期間工!住み込み寮生活サポート講座

ニート生活に終わりを告げ、住み込み仕事や寮暮らしをしながら貯金も生活も頑張るブログ。

俺が期間工になった理由・・・③

この話は3話目です。前編を読んでいない方は、まず1話目・2話目をどうぞ▼

www.neet-support.net

www.neet-support.net

 

 

パンパンに膨らんだ大きなバックパックを背負ってフラフラになりながら人もまばらな田舎の駅に到着した

駅前ですらコンビニの1軒もない

東京暮らしが長かったせいか、余計にこの田舎の景色が寂しく感じる・・・

 

派遣会社の担当者から言われた通り、駅前からバスに乗り寮へと向かうことにした

20分程バスに揺られ、目的の停留場でバスを降りる

周りには畑と数軒の民家があるだけだった

 

また重たいバックパックを背負いなおし地図を見ながら少し歩くと寮が見てきた

入り口の管理人室で名前を告げるつ中へと通され、入寮の書類を記入

その後、食堂へと移動すると数人の新人期間工が待機していた

「それではこれから入寮についての説明を始めます。手元のしおりをご覧ください・・・」

管理人が寮での生活についてや禁止事項等を淡々と説明していった

共用の風呂場や洗濯場などを一通り皆で見て回り、小一時間程で入寮の説明は終了

そして各自はこれから生活する事になる自分の部屋へと散っていった

 

俺も階段を登り自分の部屋へと入った

フローリングを期待したが、その期待は見事に裏切られドアをあけると畳が目に入る

冷蔵庫とテレビとテーブルそして灰皿にゴミ箱

それ以外は何もない殺風景な空間だった

 

押入れには年季の入った布団が一式積まれていた・・・

「やっぱり期間工は間違っていたか・・・」

どう頑張っても前向きな気持ちにはなれなかった

それどころか気分はどんどん暗くなる・・・

勢いに任せて東京での生活を捨て、この地に来てみたもののここで生活していく自信は全く無かった

 

この時点で俺は何ヶ月働くのかすら決めていなかったし、いくらお金を貯めてこの先どうするのかも漠然としか考えていなかったのだ

 

そんな中途半端な状態で俺の人生2度目の期間工生活はスタートした・・・

翌日から入社手続き、研修、そして配属

絶望を感じながらも時間だけが過ぎていく

 

いざ仕事が始まると身体は悲鳴をあげ、寮に帰れば起きていることすらできない

毎日、騒音だらけの工場で同じ作業を繰り返すなかで精神が削られていくような気がした

 

そして俺はある目標を立てる・・・

「軽自動車を買って日本一周の旅に出よう!!」

それからは少しずつ前向きになれたような気がした

 

長年夜の繁華街での不摂生な生活で腐りきっていた俺の肉体は徐々に復活

体重は減り、自分でもわかるくらい筋肉がついていた

仕事中は常に妄想・・・日本一周をしている自分を想像し、計画を考えながら苦痛に耐えた

 

そして給料が入ると約20万の軽自動車を購入

ホームセンターに通いながら車を車中泊仕様に改造し、少しずつ道具を揃えていった

 

入社してから3ヶ月後

俺はあっさりと仕事を辞めた

不要な物は出来る限り処分し、残った荷物を全て車に詰込んだ

 

職なし、家なしの放浪生活の始まりだ

3ヶ月の期間工生活で手元に残った現金約50万を持って栃木県から日本列島を南下していったのである・・・

 

【俺が期間工になった理由・・・】と題して3回にわけて記事を書いてみた

話が飛び飛びで内容がわかりにくかったかもしれないがご容赦頂きたい

これを全て詳細に書くと3冊くらい本が書けてしまいそうなんでね・・・

 

俺はこの記事を人生3度目の期間工をしながら書いている

結局軽自動車での日本一周放浪の旅は8ヶ月にも及んだ

そしてまた俺は期間工になるとう選択をした

もちろん金を貯める為である

 

今後このサイトでどれだけ記事を書くかはわからないが、これから期間工をやってみようかと考えている方、期間工をやってみようかと迷われている方、もちろん現役の期間工の方・・・

そんな方たちに俺なりの視点で期間工という仕事について書いてみようと思う

 

俺は期間工の事を【奴隷】と呼んでいるくらい、期間工という仕事に対しては前向きな人間ではない

ただそんな俺でも期間工という仕事を選んでしまうくらいのメリットがあるとも思っている

他の方が書いているような詳細な情報は得られないかもしれないが、どうかお付き合い頂ければと思います。

 

【著者プロフィール】


******************************
中村剛 人生3度目となる現役の期間工
働かない自由な生活を夢見る32歳で生粋のギャンブラー・・・
運営ブログ【30歳からのド底辺Life
******************************