読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート→期間工!住み込み寮生活サポート講座

ニート生活に終わりを告げ、住み込み仕事や寮暮らしをしながら貯金も生活も頑張るブログ。

【男性も、女性も!】40代、事務の派遣で働くより、稼げる期間工がおすすめ! 

40代で派遣の仕事を探すとなると、かなりの苦労を強いられることになるでしょう。企業は仕事を早く覚えられる傾向にある若い人を採用したいと考える傾向にありますし、職場に馴染めないなどの懸念要因もあり、採用されるまでには何百社もの面接を受ける必要がありそうです。今回は、スキル・年齢に関係なく採用されやすく、しかもしっかり稼げる期間工の仕事を紹介します。期間工でしっかり稼ぎながら、そのお金を使って正社員へのキャリアアップを目指すというのがおすすめです。

 

 

40代派遣で働くならどれくらいの稼ぎ?事務なら?

 

40代の派遣社員の年収は、平均で約320万円。このうち男性の派遣社員の平均年収が約370万円、女性が約290万円でした。事務職の派遣社員の平均年収は、未経験の場合、フルタイムで働くと240万円ほど。事務職の場合、派遣社員全体の平均よりもやや低い数字になるようですね。

 

また、40代で事務職に就くのは、不可能ではなくてもなかなか難しいみたいです。

 

時代が進むごとにさまざまなことがシステム化され、人間が行う必要のある処理がどんどん減っていったので、現在では事務職の求人が少なくなってきているのが理由です。さらに、派遣社員の事務職は、希望する人が多く、競争率がかなり高くなっています。

 

また、40代で派遣の仕事に就くと、上司となる人が年下になることも多くなってきます。上司のほうからすると、自分より年下の部下に対して指示を出すことに抵抗もあるみたいです。

 

そのため、会社の側としても、20代や30代前半の若い人を採用したいと考えます。40代で事務職となると競争率もさらに高くなるので、厳しい競争を勝ち抜く必要が出てきます。

 

 

『40代、派遣』よりも稼げる期間工がおすすめ!

 f:id:connectconnect:20170321193711j:plain

おすすめなのが、事務職などの派遣の仕事に就くのではなく、期間工の仕事をすることです。

  


期間工は給与が高いのが特徴で、残業でどれだけ働いたかにもよりますが、年収350~450万円ほどの給与をもらうことができます。

 

現代では、サービス残業が当たり前のブラック企業が問題になっていますが、期間工の仕事なら残業代がきちんと支払われるので、働けば働いた分だけ給料がもらえます。

 

期間工として採用されると、寮に入って仕事をすることになります。期間工として入る寮は、ほとんどの場合水道代や光熱費が無料なので、生活費を節約することができます。しかも、食事補助として食費を支給してくれる企業もあります。そのため、お金を貯めやすいというメリットがあります。

 

また、学歴や年齢が関係ないのもメリットです。40代になると派遣の仕事を見つけるのが難しくなってしまいますが、期間工なら比較的簡単に仕事を見つけることができるでしょう。

 

他におすすめの理由として挙げられるのが、人付き合いに悩む必要がないことです。会社に勤めると、人間関係に悩まされることも多いかもしれませんが、期間工の仕事なら煩わしい人間関係に付き合う必要はありません。また、責任も重くないので、精神的な負担が軽い仕事なのがメリットです。
仕事が終わったあとも、会社勤めの時のような飲み会などはなく、完全な自由時間です。この自由時間を有効活用すれば、期間工の仕事は充実したものになりそうですね。

 

 

期間工でがっつり稼ぎながらこれからの将来を

 

期間工の仕事から始めて、正社員へのキャリアアップを目指してみるのもいいかもしれません。

 

40代から正社員を目指すには、まずは穴場の求人を狙うという方法があります。

介護の仕事、タクシー運転手の仕事などは、採用されやすく、こういった穴場の業界や求人を狙うことで、40代からでも正社員として働ける可能性があります。

 

また、期間工として正社員登用されるのを目指すという道もあります。

 

期間工として働いてがっつり稼ぎながら、やがては正社員にキャリアアップすることができればいいですよね。

まとめ

40代から派遣で働こうとすると、若い頃に比べるとどうしても仕事を見つけにくくなってしまいます。

 

期間工の仕事は年齢関係なく採用されますし、給与も高く、残業代もしっかり出ます。寮に住めるので、水道代や光熱費、家賃を節約できるため、貯金もかなり貯まります。

 

また、期間工から、その会社の正社員に登用される可能性もあります。

 

40代からのキャリアアップの第一歩として、期間工として働くという選択肢を視野に入れてみてはいかがでしょうか。