読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート→期間工!住み込み寮生活サポート講座

ニート生活に終わりを告げ、住み込み仕事や寮暮らしをしながら貯金も生活も頑張るブログ。

期間工を経験して大変だったこと、良かったこと3選|スバル期間工卒業生が解説

こんにちは以前スバルで期間工をしていました卒業生のせいじです。

 

このコーナーは、皆さんが期間工という仕事にたいしてもっている疑問に生の声でお答えするという企画です。

 

実際に期間工を経験したからこそ語ることができる内容を伝えていきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

 

今回はスバルで期間工として働いていた体験談の中から、毎日の生活の中や仕事の中で、大変だったこと良かったことをピックアップして皆さまにお伝えしていきたいと思います。よろしくお願いします。

 

 

 

◆期間工を経験して大変だったことについて語る

 

 

期間工をしていて大変だったことについて話していきます。主に以下の3つが大変でした。

 

 




    1. 仕事に慣れるまでがきつい

 

    1. 単純作業がきつい

 

    1. 交代勤務がきつい



 

 

1つずつ話していくのでよろしくお願い致します。

 

 

 

◇仕事に慣れるまでがきつい

 

まず、大変だったことの1つとして、当たり前ですけれども、仕事に慣れるまでが体力的にとにかくきつかったです。

 

最初の2週間は、毎日身体がバラバラになりそうでした。

 

最初の2週間は毎日、いつバックレようかなと思っていました。

 

最初は逃げ出す気満々という気持ちで2週間を過ごしていました。

 

それから3週間、1ヶ月頃になると、体力的には慣れが生まれて結構仕事もサクサクこなせるようになってきましたね。

 

もう、筋肉痛とかはほとんどない感じですね。

 

この慣れるかどうかを乗り越えられるかであなたの期間工としての資質が試されるわけです。

 

普通の人であれば気力を強く保って毎日の仕事に励んでいけば、何とかあの慣れる日がやってくるので、安心してください

 

安心してください。

 

慣れますよ。

 

 

 

◇単純作業がきつい

 

はい、次ですね。ほぼ単純作業、もう毎日毎日同じ業務で車のボディを組み立てておりました。

 

うん。それで思うのは、単純作業が精神的にちょっと堪えるという問題です。

 

これも大変だったエピソードの1つですね。

 

最初は慣れるまでが体力的にきつかったので、単純作業とかそんなことを言っている場合じゃないのですよ。

 

まずは、動けないといけません。

 

最初ね、身体がバラバラになりそうなぐらいだから、動けませんでした。

 

それに慣れてくると次に訪れるのが、単純作業に対する精神的苦痛です。

 

やっぱり同じ事を繰り返すと、すごく時間が経つのも遅く感じます。

 

やっぱり同じことをやることは人間にとってかなり精神的ストレスも多いです。

 

特に最初の方ですね。いつまでこんなことを続けるのだろうか、などと色んな思考が廻って来るわけですよ。

 

考える暇が結構あるというのは、時間が経つのが早いとか遅いとかは仕事上のこのタイムスケジュール管理という観点ではかなりマイナスです。

 

単純作業が精神的に堪えてしまうというのが、スバル時代、僕が自動車の部品を組み立てていて、大変だったことの2つ目に入ります。

 

 

 

◇交代勤務がきつい

 

はい、次に3つ目です。交代制勤務が身体的に辛いです。

 

交代制勤務についてですが、もしかしたら人によってかもしれません。僕はきつかったです。

 

スバルの期間工では2交代制でわたくしやっておりました。2交代制ってなに?という話ですけれども、週によって働く時間帯が異なります。

 

例えば、最初の週は朝からで朝5時、4時45分とかそれぐらいに起床して、バスに乗って揺られて、6時とかその辺からお仕事が始まりまして、3時ぐらいの時間にお仕事が終わって帰るといったのが1週目です。

 

次に第2週に入ったときですね、次の週になった時が夜勤となります。

 

要するに時間帯が本当に異なります

 

夜型と朝型という勤務を1週間ずつ交代でやっていたわけですけども、これも慣れるまでが非常にきつかったです。

 

 

 

なにがきついかというと、体内時計を土日の間に合わせなくてはいけないからです。

 



朝の勤務から夜勤務になる場合はいいです。

 

朝勤務だと金曜日の15時ぐらいに帰ってきて、明日から2連休!!ヨッシャ~みたいな感じでお休みに入ります。

 

もう金曜日の夕方以降はフリーなわけですよ。

 

金曜日の夜から土曜日の朝、そして土曜日の昼夜と、そして日曜日の朝、昼、夜、ヨッシャ~楽しかった日曜日、そして月曜日に入りました。

 

しかし、まだ日曜日の朝は起きなくても大丈夫なのです。

 

次の日が夜勤だから、ヨッシャ~まだ寝られるぞ!とかそんな感じです。

 

結論としては朝から夜に入る時の間の休日は長くお休みが取れる感じになります。

 

 

 

対して夜勤です。夜の勤務で金曜日に勤務に入りました、そして終わりました、そうなるともう日付が変わっています。

 

うわぁ、もう土曜日じゃん、え?ということは明日終えたらもう日曜日?みたいな感じです。

 

で、日曜日終えるでしょ?日曜日終えたら月曜日は朝の早い時間ね、当時起きていたのが4時40分とか45分とかそれぐらいですよ。

 

ラジオ体操すらまだ始まってないみたいなね。

 

日曜の夕方がほんとにサザエさんシンドロームだったね。

 

 

 

4時だよ、4時。

 

 

 

だから、きつい週と、楽な週があるというような感じですよね。

 

楽な週はとことん楽。そしてきつい週はとことんきついです。

 

 

 

◆期間工を経験して良かったことについて語る

 

 

次は良かったことについてです。良かったことについても以下にまとめておきます。

 

 




    1. お金が貯まる

 

    1. 体力がつく

 

    1. 食事が美味しい



 

 

1個ずつ解説していきます。

 

 

 

◇お金が貯まる

 

お金は本当に貯まります。

 

お金、お金。

 

だってみんな何故期間工で働くの?

 

 

 

お金だよね、そうお金なの。

 

 

 

お金がね、思った以上に貯まるからね、これ良かったことの1つに挙げました。

 

 

 

何故そんなに貯まるのかというと、僕はスバルで期間工をやっていた時は寮に入っていたのですが、寮費は無料です

 

衣食住の住の部分が保証されています。バックレたりしない限りはね。

 

次に食の方ですね。スバルの方では非常に安価な値段でご飯を食べることができます

 

本当にありがたいことだと思います。食住がここで保証されているというのは、とても貯金をする人にはありがたいことだと思います。

 

 

 

自分は手取りで言うと23万円から24万円ぐらいのお給料をもらっていたのですけれども、別に、そこに寮費が入っていたとかそういうのはありませんで、まるまる貰っていました。

 

もし、住んでいる寮費のお金を払わなきゃならないとかだったら、そこにまた上乗せされるわけですよ。

 

うん、それがね、普通のサラリーマンと同じような境遇だと、家賃を払って、電気ガス光熱費など、そういうものにお金を使うと仮定すると、だいたいね、手取りで言うと、スバルの期間工はですね、月30万円ぐらいは貰っているぐらいの生活水準になります。

 

30万だよ、30万。

 

すごくね?だって特にさ、なんかスキルを要するような仕事でもないわけですよ。

 

覚えちゃえばね。溶接の仕事をやっていましたけど、その溶接の資格が必要な仕事でもなかったですし、まぁ、溶接していましたといっても、機械がやっていたんでね、僕じゃないですけれどもそうゆう現場にいました、という感じです。

 

だからそれで、30万円もらえるのだったならすごくない?

 

正直俺、今の方が給料安いけど、どうすればいいんだ、どうすればいいんだよと。

 

まぁ、しょうがないよね。

 

スキルなかったらそうゆういもんですよ。

 

まあそれでお金が貯まるというのが非常に、僕にとってはありがたい、良かったことの一つとして心に刻まれております。

 

 

 

◇体力がつく

 

体力面です。体力がつくのですよ。

 

期間工をやっていると。業務に慣れるまでが体力的にもきついっていう話を最初に、大変だった話の中でさせてもらったのですけども、慣れたらね、やっぱりそれなりの体力がついているのですよ。

 

体型的には締まってきたねくらいになります。

 

今までは1、2キロ歩くとばてていましたが、期間工になってからはそのようなことはなくなりました。

 

 

 

◇ご飯が美味しい

 

とにかくご飯が美味しいことです。

 

仕事終わりのご飯が非常に美味く感じるようになったということです。

 

肉体労働で酷使した後に食べるご飯は別格でした。本当に美味しく感じました。

 

 

 

【まとめ】

 

以上が、スバルの期間工の経験から、大変だったことと良かったことについて話させていただきました。

 

今期間工を行っている人は同じことを共有しているのではないかと思います。

 

 

 

その気持ちを私と共有して、お仕事の毎日の心の支えにして貰えればいいなと思っております。

 

そして、こちらの期間工ですね、働いたことがない人やただ気になると思っている人、自動車の期間工ってどんな仕事をするのだろうと思っている人はですね、この業界に飛び込もうというときの参考になればいいと思いました。

 

 

 

はい、以上、期間工をやっていて良かったこと、大変だったことについてのお話しでございました。

 

 

 

どうもありがとうございました。せいじでした。セィッ。