ニート→期間工!住み込み寮生活サポート講座

ニート生活に終わりを告げ、住み込み仕事や寮暮らしをしながら貯金も生活も頑張るブログ。

トヨタの製造ラインを全てご紹介!トヨタの期間工になる人は見て損なし!!

日本のものづくりの主役でもある自動車産業は魅力的な仕事です。

部品の一つ一つに職人の心意気と世界に誇れる技術力が詰まっています。

工場では、長年のノウハウと環境、安全に配慮したトップクラスの労働環境で日々稼働しています。

実際のトヨタの製造ラインがどのようになっているのか、働く上でぜひチェックしておきたい内容です。

トヨタの期間工として働きたいと考えるなら、現場を知ることで自分が働く姿をリアルに想像できるのではないでしょうか。

◇トヨタにはどのような製造ラインがあるの?

クルマの製造ラインは、「エンジン・シャーシ系」「ボディー系」「部品系」の三種類に大きく分類されます。

エンジン・シャーシ系は、まさに自動車の心臓部分です。

金属を溶かしてエンジン部品やアルミホイールなど鋳造して加工していきます。

型から外して終わりではなく、何度も入念に厳しい品質管理チェックを経てから組み立てられます。

少しの誤差も許されない重要な部分ですので、責任感も重くやりがいを感じるところでもあります。

ボディー系は、プレスして部品を加工したり、溶接してボディーを作り上げたりする工程です。

出来上がったボディーに塗装をかけて美しく変わっていく姿を見られる、非常にドラマティックな工程です。

部品系は、樹脂原料から様々な方法で成形を施していきます。

バンパーやグリルといった普段車を乗る人なら必ず目にするような部品の製造に関わる仕事です。

一つ一つの部品が最終的に組み立てられて、自動車が出来ていきます。

最終検査で合格した製品のみが完成品として認められます。

◇エンジン・シャーシ系の仕事内容や期間工の口コミ

エンジン・シャーシ系は特に会社の技術が詰まった部分ですが、期間工として働くチャンスはあります。

製造ラインの現場と具体的にどんな仕事をするのかを見ていきましょう。

工程では、主に3つの作業が中心となります。

1つ目は、鋳造といって溶鉱炉で溶かした金属を鋳型に入れて部品を作る作業です。

自動車の骨格となるフレームを見られる機会は滅多にありません。

車体の構造、技術の現れる部分です。

マニュアルや研修制度が準備されているので、期間工としても十分に活躍できるフィールドが整っています。

2つ目は、鍛造といい、加熱した鋼材をプレスして部品を形作る作業になります。

具体的には、専用の機械を使って、金属の強度を高めていきます。

製造業を支える技術であり、重要な部品を作っている使命感を強く感じる仕事です。

技術を極めて鍛造技能士試験を習得する人もいます。

3つ目は、機械加工・組み付けになります。

出来た部品を工作機械で加工した後、組み付けを行います。

◇ボディー系の仕事内容や口コミ

ボディー系の製造ラインでは、ボディー用パネル部品の組立や溶接を行います。

実際に働く際には、やり方を学んでから作業を始めることになるので、いきなり仕事に取り掛かることはありません。

とはいえ、一日に製造する数量目標はありますから、仕事はシビアにこなす必要があります。

流れ作業での取り組みは、製造過程で最も合理的な方法と考えられています。

ラインの作業スピードに最初のうちは戸惑うかもしれませんが、だんだんと慣れていくので心配はありません。

組み立てラインでは二交代制、溶接ラインでは24時間フル稼働になるので三交代制で動いています。

部品の重さや作業量でキツイ部類の仕事になりますが、それだけお給料面では考慮がなされています。

慣れてくると、残業をしっかりやれるようになるので、お金が稼げるようになるのが実感できると言われている工程です。

自分の作業を確実にスピード感を持って達成することが求められるので、黙々と作業したい方には適しています。

◇部品系の仕事内容や口コミ

部品系の工程では、製造した部品を定められた位置に取り付けていく組み立て作業で働きます。

部品は多岐に渡りますし、車種によって使われる部品も数量も異なります。

仕様書をその都度確認して間違いのないようにします。

細かいことかもしれませんが、部品を扱う仕事においては無視できない作業です。

自動車は、私たちの命を乗せて走ります。

小さいことまで仕様書に定められている通りに取り付けなければ大きな事故につながりかねません。

作業は、全て数字で判断されます。

一秒単位まで意識をして取り組まなければ、素早く作業を終えられません。

ロスのない仕事を目指して、働く皆で一丸となって自動車づくりに取り組んでいます。

組み立て作業に関しては、技術うんぬんよりも他の人たちと意思疎通を図りながら団結して仕事ができるかが大事になってきます。

スムーズに作業をするにはどうすれな良いのかを考えて取り組めるのがベストです。

自分だけが勝手な方法で仕事に取り組めば周りの人たちの作業に迷惑がかかることをよく理解する必要があります。

【まとめ】

日本の自動車は、世界中に顧客がいるほど信頼され、絶大な人気をがあります。

トヨタの製造ラインの現場では徹底したコスト意識と確実な作業が求められますが、日本の技術力の結晶である自動車が完成した時の充実感は何物にも代えられません。

トヨタの期間工として、目の前の仕事を一生懸命やるのは自分一人ではありません。

自分と同じようにたくさんの人の汗と努力が詰まって製品が出来上がることを仕事を通じて実感することができます。