ニート→期間工!住み込み寮生活サポート講座

ニート生活に終わりを告げ、住み込み仕事や寮暮らしをしながら貯金も生活も頑張るブログ。

工場の募集を1つ1つ探すのは大変!これを読めばその手間がなくなります!

工場で働きたい…と考えている方も多いでしょう。

しかし、工場募集といっても、検索をかけると、たくさんの求人がヒットします。

これら一つ一つの求人をチェックするのも大変ですし、自分の希望する条件のお仕事に無事採用されるかどうか…ということも考えると、とても大変です。

どうせ働くなら給与も高く、待遇もしっかりとしたところで働きたいという方がほとんどでしょう。

そこで、工場の募集で、稼げる工場とはどのような求人でしょうか。詳しく見て行きましょう。

◇工場を仕事として選ぶ理由

接客業、営業職、物流関係、事務職と、様々な職種がある中で、あえて工場勤務を仕事として選ぶ人もいますが、何故、工場勤務が希望なのでしょうか?

工場勤務と言うと、つまりは製造業になりますが、ものを作ることが好きな人は、製造業を選ぶかもしれません。しかし、それよりも、人間関係をあまり考えなくても良い工場勤務に心地良さを感じている人が多いのも事実です。上司、部下との会話はあるとは言え、接客業や営業職に必要な人との密接な関わりを求められることがなく、淡々と仕事をしたい人には、工場勤務は向いているのかもしれません。

工場勤務をする人の中には、現に、営業職で人との関わりに疲れてしまった、と言う人も多数いるようです。工場で、商品と向き合い、黙々と作業をすることで評価を得られることに、安心感を感じるのだと言います。そしてまた、作業をしていく中で身についていく知識や技術が大きな財産となることも魅力なのです。その技術を磨いて、正社員登用も可能となってくる製造業は、これからますます発展していくでしょう。

◇求職者にとって稼げる工場と言えばここ!

工場で、正社員でなくても稼げる、そして正社員も目指すことができて待遇も良い…そういった工場の仕事で、おすすめなのが期間工です。

期間工のお仕事は「期間従業員」とも呼ばれていて、さまざまなメリットがあると言えるでしょう。

まず、期間工のメリットとして、給与が高く、そして各種手当ても充実しているというメリットがあります。

寮が完備されているところがほとんどなので、寮費や光熱費が無料で、貯金をするのにも最適です。

期間工の多くが、大手の企業からの直接雇用であるため、正社員のような待遇を受けることが出来ますし、正社員の登用制度もあります。

正社員の登用試験を受ければ、世界のトヨタなどの大手の企業で正社員になることも夢ではありません。結果を出すことで、正社員になるチャンスもあるといえるでしょう。

◇おすすめの工場をレクチャー!~東日本編~

そこで、東日本でおすすめの期間工のお仕事はどのお仕事でしょうか。東日本で人気なのが、日産、そしてホンダでの期間工のお仕事です。

ホンダは、日給が10200円、各種手当ても充実しており、寮費が無料という待遇です。

ホンダの工場の寮はどの寮に関しても、原則として一人部屋なのも嬉しいところですし、仕事も残業も少ないという口コミも多く、楽なお仕事がいいという方や、残業をなるべくしたくない、定時で帰宅したいという方にはおすすめです。

また、日産は、時給が1200円と定められています。入社祝い金、満了慰労金に関しては、いくつか工場がありますが、それぞれの工場によって少し異なっています。

また、工場によっては、残業が多い工場もあり、そこでは、高い年収も稼ぐことが可能となっています。日産の工場は横浜からも距離が近いため、都会で働きたいという方にもおすすめです。

◇おすすめの工場をレクチャー!~西日本編~

西日本には、どのような期間工のお仕事があるのでしょうか。有名なところとして、あのトヨタの期間工のお仕事があります。

トヨタの待遇ですが、日給9,650円~10,950円までとなっていて、経験によって給与がアップしていく仕組みとなっています。

寮費が無料であり、食費補助も出ることから、待遇はとても良いと言うことでも知られています。

トヨタは全ての待遇が優れていますが、特に正社員登用の数が多いと言うことでも知られていて、期間工の8~9人に1人が正社員として雇用して貰うことが出来ると言うことです。

また、西日本にはデンソーの期間工の仕事も募集されています。デンソーの待遇ですが、日給9,650円~10,950円で、日給が高く、2年目からは満了金もかなり高くなると言うことでも人気があります。

年収500万円も夢ではなく、女性が多く活躍している工場であると言えるでしょう。女性期間工として働きたいのであれば、デンソーが最もおすすめです。 

◇期間工から正社員になった人の体験談

多くの期間工を募集している大手企業では、正社員登用を行っていて、正社員登用試験を受けることが出来ます。

期間工から正社員になった人の体験談を見てみると、やはり未経験者から正社員になるのは厳しいため、期間工で経験を数年積み、その後正社員に登用されたという例が多いようです。

また、職場の上司に社員希望であるという旨を伝えておき、社員になるための働き方などを周囲の人にアドバイスして貰うという方法がおすすめです。

また、当たり前ですが、期間満了前に、中途退職をしたりせず、勤め上げることが正社員になれるための条件となります。

特に、トヨタは社員の登用数がとても多いです。他にも確実に正社員になりたいのであれば、アイシンといった会社も見てみる価値はあります!

 

◇工場勤務を選ぶなら、期間工が絶対にお勧め!

工場勤務でも、様々な雇用形態があります。

短期、長期のアルバイトとして働くことは、手軽で張りますが、安定しないと言うデメリットがあります。

忙しい時には、残業ばかりなのに、閑散期になると、入りたくても入れてもらえない日があるなど、期待した収入が手に入らないリスクがあります。

また、派遣社員として配属されると、時給は良いものの、派遣先の工場の評価が低かったり、工場の理由によって、突然解雇される状況も考えておかなければなりません。

けれど、同じ派遣会社からの派遣でも、期間工となると、雇用形態が変わってきます。

派遣会社の雇用となっていても、一定の期間は契約が成立します。

また、派遣先会社の契約社員としての直接雇用となるところもあります。

他の雇用形態よりもかなり高い収入を得ることができる上に、福利厚生なども完備されており、安心して仕事に集中することができますね。

また、期間工ならではの個人寮完備などの特典もあります。

同じ工場で働くのであれば、期間工が絶対にお勧めです。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。期間工として働いた場合、給与も高く、手当も充実をしていて、経験を積めば積むほど、給与もアップしていきます。

工場によっては、残業をすることで、年収500万~を稼ぐことが出来るところもありますので、非常にやり甲斐のあるお仕事であると言えるでしょう。

大手の企業に直接雇用されるため、正社員と同様の待遇を受けることが出来ます。また、寮が完備されているため、短期でもがっつりと貯金をすることが出来ると言えるでしょう。

多くの場合、光熱費も無料ですし、社員食堂も完備されていることが多いです。

工場募集を探しているのであれば、ぜひ一度期間工として正社員を目指してみるというのも一つの方法です。