ニート→期間工!住み込み寮生活サポート講座

ニート生活に終わりを告げ、住み込み仕事や寮暮らしをしながら貯金も生活も頑張るブログ。

【お勧めの雇用形態教えます!】間接雇用の派遣と直接雇用の期間工をくらべてみた

そもそも直接雇用と間接雇用という言葉をご存知ですか?

この二つの違いは雇用主の違いです。

直接雇用は、企業が雇用主になっているケースです。

間接雇用は、企業ではなく人材派遣会社が雇用主となっているケースです。

つまり給料がどちらから支払われるかがポイントです。

間接雇用の場合は、働いている企業から人材派遣会社へ行き人材会社からお金を支払われる仕組みとなっています。

今回は期間工における間接雇用と直接雇用のどちらが特になるかを分析したいと思います。

期間工の間接雇用とは、基本人材派遣会社が期間工になるための斡旋をおこなってもらうケースが非常に多いです。

☆人材派遣会社のメリット☆

人材派遣会社では、面接の対策、履歴書の対策、またあなたに合った企業を紹介させていただきます。

期間工の選考で落ちる内容として一番多いのが履歴書の志望動機の欄です。

選考で落ちないための志望動機を書けるようにお手伝いします。

また期間工の知識があまりない場合、さまざまな企業との比較をしていただけます。

自分が選んだ工場が働いてみた印象と違い自分に合わないなと感じた場合は、新たな職場を提案させていただきます。

なので、もし期間工を辞めても、あなたに合う転職先がすぐに見つけご紹介します。

また人材派遣会社の多くは、期間工応援キャンペーンと呼ばれるものをおこなっています。

それは期間工になった際にお祝い金を人材派遣会社から支払われるというものです。

この応援キャンペーンは期間や工場の人員などさまざまな点から考慮されるため、人材派遣会社や工場においても金額や内容はばらばらです。

また派遣社員の場合は、事前に自分のライフスタイルに合った仕事をしたいという要望を出せば、考慮していただくことも可能です。

つまり就業時間などを工場側に考慮してもらうことができます。

期間工によっては、人材派遣会社からしか募集していない企業もあるので、そういった企業の非公開求人というものに対しても応募することができます。

もし寮がきれいな工場に行きたいという要望がある際は人材会社経由でそういった工場にアプローチをしてくれるので、かなり要望をかなえやすいです。

このほかにも人材派遣会社を使って選考を受けたほうが年齢が高くても採用されやすいなどが特徴です。

☆人材派遣会社のデメリット☆

直接雇用と比較すると、人材派遣会社にお金が取られないため自分が働いた分をしっかり支払われます。

また、直接雇用を受けている期間工には正社員雇用のチャンスがあるのですが、間接雇用の期間工には正社員雇用を受けるチャンスがありません。

また失業保険を支払われない恐れがあるため注意です。

期間工としての特徴として手当てが上げられます。期間工の企業では大体5つくらい存在します。それをいただくことができません。

さらに派遣切りに合う恐れがあります。

人材紹介会社の種類

Man to Man期間工.jp総合キャリアオプションなどが製造業で働く期間工に特化した企業です。

こうした企業を見比べて自分の働きたい企業を検索してみてはいいかもしれません。

さまざまなキャンペーンや取り扱っている企業数、工場の扱い場所なども違います。

企業で直接雇用

企業で直接雇用をおこなう場合、自分から主体的に求人を探し、申し込む必要があります。

もちろん期間工をおこなっている企業を選ぶ際の知識や

面接や履歴書も自ら添削や対策をおこなう必要があります。

給与の支給額は直接雇用のほうが多いといわれてます。

☆直接雇用のメリット☆

期間工には社会保険が完備されています。

一定期間働けば期間工を辞めたとしても、3ヶ月は失業保険が入ることになり、収入が”0”になったとしても生活できます。

また期間工の特徴でもある満了金と給料の高さです。

満了金はトヨタだと6ヶ月で60万円くらいいただけるものです。

また手当てもしっかりと支給されます。

人材派遣会社とは違い給料が100%期間工へ支給されるため、お金が働いた分だけしっかりと振り込まれます。

また契約期間内は解雇されることほとんどありません。

解雇されるには『やむを得ない事由』が認められないと企業側は解雇することができないからです。

☆直接雇用のデメリット☆

働いた工場に満足が行かず転職をしたくても、また自分で0から探し出さなくてはいけない。

企業側へ自分の要望を伝えても、その要望はほとんど通りません。

また非公開求人への応募ができないです。

☆おすすめ☆

以上のものが直接雇用と間接雇用のメリットやデメリットです。

少しはイメージわいたでしょうか?

長期かつ期間工を経験者という方は契約社員のほうが良いといわれてます。

その理由としては期間工は契約更新することで支給される金額が増えるため、長期で働くなら契約社員が良いです。

しかし働く期間もまだ明確に決まっていなく、期間工も初めてという方は、派遣社員のほうが良いです。

その理由としては期間工の仕事は肉体労働です。なので初めてでは肉体的にしんどいという発想になります。

もちろん3ヶ月とかで辞めることも可能ですが、短期で多くの金額を稼ぐためには契約社員のほうがおすすめです。

こうしたことを考慮したうえで、あなたはどのような雇用形態で期間工になりますか?