ニート→期間工!住み込み寮生活サポート講座

ニート生活に終わりを告げ、住み込み仕事や寮暮らしをしながら貯金も生活も頑張るブログ。

実はきつくない? 工場のライン作業の噂!

最近、やや景気が上向きになって、メーカーからの採用情報も増えてきました。

ですが新卒や中途で大手メーカーに入社をすることは非常に難しい現状です。

もともと学力があったり手に職がある方が採用されるのが大手企業です。

そんな方に向けて今回期間工という工場で働く契約社員をご紹介させていただきます。

そもそも「期間工」の仕事は、待遇が良い分だけ仕事がきついと言われています。

ですが、さまざまなメリットともとれる要素があります。

そんな期間工の実体について様々な観点から調べてみました。

【期間工の仕事!】工場でのライン作業って何をするの?

工場での期間工の作業内容は、どのようなものか気になると思います。そこで、トヨタ自動車のHPの内容を調べてみました。

期間工の仕事は、主要生産ラインのさまざまな工程に配置されて対応することになります。期間従業員の大半は未経験者のため、一つ一つの作業を現場で学びながら習得していくことになります。

例えば、「組立ライン」は、塗装工程が終った車のボディに多くの部品を取り付ける工程です。つまり完成車になる最終工程になります。部品は車種によって異なりますので、それぞれに適した方法で、はめ込み・繋ぎ・締め込み等の作業を行って車の形に組み上げていく工程です。

 また、多くの人が車の製造工程で思い浮かべるのは、ボディの溶接工程だと思います。溶接工程は、人名にも関わるような、ボディの堅牢さに影響する重要な工程で、溶接による部品付け作業には工夫や慣れが必要になります。

 このように高い技術が要求される工程でも、溶接技術を習得した期間工は、溶接工程の作業者として働くことができます。つまり、期間工も努力次第で重要な仕事も任されるということです。

【実はそうではない!】悪評が多いけど工場のライン作業ってきついの?

 実際に期間工を経験した人の意見等をまとめてみました。

■仕事面での辛さ

 期間工で働き始める人の大半は、その仕事の未経験者です。そのため、配属されたライン作業を覚え込むまでは苦労することになります。多くの仕事は、流れ作業のため、ミスをするとラインが止まってしまいます。これは、かなりのプレシャーだと思います。

このように、仕事を覚えるための最初の1ヶ月は、日々緊張の連続です。但し、数ヶ月間頑張ると、体に仕事の動きがしみ込んできます。慣れてくると、同じことを繰り返す作業は、ストレスを感じなくなるそうです。

つまり、身体が仕事の手順を覚え込む前の辛い時期に、辛抱しきれないでやめてしまう人が多いのではないかと思われます。

■生活スタイルの変化による辛さ

 期間工の多くは、1週間ごとの2交替勤務制です。トヨタ自動車の場合は、1直(6:25〜15:05)と2直(16:00〜24:40)を土日の休日をはさんで交替するスタイルになります。

この場合は、1週間ごとに生活リズムが変化します。そのため、慣れるまでは落ち着かないと思います。

また、工場内は夏場の暑さが大変です。そのため、食生活の乱れや睡眠不足をすると夏バテしてしまいます。毎日気持ちよく過ごすには、日頃から節度を持った生活態度が求められます。

この2点が大きな要因となっています。

ですが考えてみてください。

中途でどこかの会社に入ったら、その会社に馴染むのも、朝仕事に行きたくなくなったり、仕事をする上でなんかしらの苦痛を感じて行うこともあるんですよ!それを考えてみると期間工をするのも正社員として働くのもそんなに差がないように感じられます。

 

実は工場のライン作業にはこんなに良いことだってあるよ!

期間工の仕事は、工場のライン作業です。ライン作業は、決められた手順書や指示書に従って、決められたことを、決められた通りに実施しなければなりません。

 そのため、初心者の期間工にとっては、覚えなければならないことは沢山あると思います。しかし、手順書や指示書は、長年の経験などから勝ち取った技術ノウハウや、良い製品を作り込むための条件などが盛り込まれています。また、作業者が安全に作業できるように注意深く作られています。

 一つの作業工程の組立技術などは、指導者の助言や、手順書・指示書の内容を、毎日繰り返すことで、しっかり身につけることができます。

 期間工の一人一人が受け持つ作業は、工程全体からみれば、一部にしかすぎませんが、その一部の作業が上手くいかなければ製品は完成しません。

 期間工は、製造工程で手を使い、身体を動かして働く職場です。自動車のような大工場で、先人からのノウハウを用いて物作りができるのです。そして、高度な作業技術を身につけることもできます

期間工として!工場で働こう!!

期間工について、調べてみた結果、仕事がきつくて辛いという印象をもつのは、それぞれの人の個性が影響していると思えるようになりました。期間工に限らず、仕事に自由度を求めすぎる人には、一般の会社勤めは向いていないと思います。

 期間工は、しっかりした労務基準のある自動車製造のような大工場で、決められた時間で働き、決められた休日を楽しみ、生活設備が一式完備されていてプライベートも確保された寮で快適に生活できます。普段の食事も工場や寮にある食堂でリーズナブルな費用で食べることもできます。

 期間工は、契約社員ですが、その会社(工場)からの直接雇用のため、待遇は良いのです。そのため貯蓄もできます。そして、頑張りに応じて様々な手当もあります。期間工から正社員登用への道もあります。

 世の中には、様々な仕事があります。そして、多くの仕事は、マニュアルに落とし込むこむことができません。そのため、傍で考えていると見えないような難題をいつも抱え込んでいます。これは大きなストレスです。

 それに比べると、期間工の仕事は、決められた作業をすることです。もちろん人との関わりはありますが、それはどんな職場でも同じです。

まとめ

 期間工は、決められた仕事を地道に行うことができる人には、ピッタリの仕事です。高待遇のため、将来の夢に向かって貯蓄もできます。期間が限られていることが欠点ですが、希望者には正社員の道も開かれています。

 例え、どんな職場・仕事にも、辛いことはあると思います。しかし、それを乗り越えないと自分の成長した姿をみることは出来ません。

 しっかりとした目的意識をもっている人や、作業技術を身につけたいと考えている人にとっては理想的な職場です。